前へ
次へ

飲んで紫外線をブロックできる日焼け止め

最近利用している人が増えているのが、飲むタイプの日焼け止めです。
植物由来の紫外線をブロックする有効成分や抗酸化成分が配合されているサプリメントのようなもので、美容皮膚科クリニックを受診すれば処方してくます。
一般的に普及している塗るタイプの日焼け止めの場合、汗や皮脂で流れ落ちてしまうリスクがあります。
しっかり日焼けを予防するために2時間おきに塗り直しをしなければならず、かなり面倒です。
また、敏感肌で日焼け止めに含まれている紫外線吸収剤などの成分が刺激になり、使用できない人もいます。
そうした塗るタイプの日焼け止めの欠点をすべてカバーしてくれるのが、飲むタイプの日焼け止めです。
1日一回飲むだけで日中の紫外線を予防できて、内側からホワイトニングができます。
シワやたるみができる原因の8割が、紫外線による光老化と言われています。
老いてから後悔しないように、飲む日焼け止めを常用してしっかりエイジングケアをしておきたいところです。

Page Top